東日本大震災に関する情報  2011年4月11日(月)〜4月15日(金)放送分

     2011年4月15日金曜日 放送

        出演 : 大船渡市 企画政策部 活力推進課 係長 金野優子さん


       金野さんは、現在大船渡市に対する全国からの支援の受け入れ窓口を担当されています。

  現在、大船渡市は「大隅半島4市5町復興支援チーム」の他に、銀河連邦の友好都市からの

  人的支援、日本水道協会の給水活動、全国各地からの医師、看護士、保健士派遣などの

  人的支援を受け入れておられます。


   地震と津波によってライフラインと通信が途絶え、周りの市町との連絡もとれず、

  情報もほとんどない中で職員一人一人が自分で考えて動かねばならない状況だったそうです。 


  (銀河連邦の)友好都市間では防災協定が結ばれていました。

  しかし支援要請をする手段もない状況で、

  大船渡からの要請がないうちに友好都市からは「大丈夫か」と

  かけつけていただき、思いもかけないことだったので

  力づけられたと語られました。

  「支援物資や必要な人材をすぐに送って下さることがありがたく

  全国からの善意を1日も早い市民生活の復興に十分に使わなくては

  という思いでいっぱいです。   

   支援物資が避難所全てにいきとどいているか、

  在宅避難者への支援はできているかなど、

  次々と常に新しい課題がでてきます。

   私たちは4市5町復興支援チームの皆さんを

  『おおすみ連合さん』と呼んでいます。

  現地本部を設置し、長期的支援を表明して下さったことは、

  力強くありがたいです。感謝しています。」

金野係長中継放送


     2011年4月14日木曜日 放送

        出演 : 肝付町役場 企画調整課 福元了さん


                 大船渡市から緊急要請のあった子ども用下着が

               明日4月15日(金)9:30に陸路トラックで搬送される。

               今回は、南大隅町・錦江町・大崎町・肝付町で子ども用下着を調達し、

               男女別・サイズ別に分けて箱詰めして送る。

               また、職員1名をつけて、70ヶ所の避難所をまわって直接届ける予定。

               大船渡市の負担にならないように自己完結型で届けたいと考えている。




     2011年4月13日水曜日 放送

         出演 : 大隅半島4市5町復興支援チーム 第4次隊 隊長・物資班 班長
                                          南大隅町 保健課長 水流さん

          4月9日〜16日まで派遣された第4次隊9名は3班に分かれて活動しています。


支援物資の仕分けと管理
(大船渡市立立根小学校講堂)
給水活動 廃車集積所の管理


     2011年4月12日火曜日 放送

          出演 : 大隅半島4市5町復興支援チーム 現地支援本部 竹之下克明さん



     2011年4月11日月曜日 放送

          出演 : 嶋田芳博鹿屋市長


H23.4.10大船渡市役所にて

戸田大船渡市長(中央)と対面
現地支援本部設置の報告
嶋田鹿屋市長(左)
永野肝付町長(右)
H23.4.10

現地支援本部

(猪川地区公民館)にて
H23.4.10

現地支援本部

(猪川地区公民館)にて


←戻る



Copyright 2009 Ousumi Community FM Network All Rights Reserved.